地球外文献

Professor エディ・T.・渡邉Director of Cosmic Brotherhood Center and Universe Research Academy宛に1957年から1962年に金星の権威者から送られてきた文献を紹介する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

54.大ピラミッド
               Clalla : 受信日時不詳

 まず宇宙連合の銀河系調査船団は45,600 B.C. に、地球上に前進基地と航空標識を建設する必要がありました。
アルデバラン星*の第3惑星からやってさた乗員たちは地球に接近し、当時大ピラミッド時代として知られていたときに建設を始めました。
巨大な御影石を大陸の中央部から切り出し、かれらの宇宙船で現在の場所まで運搬しました。
これらの巨岩を強力なレーザー光線**で無数の適当な形の小片に切断しました。
 当時の部族民たちは空からの宇宙船を物語の中にある神の子孫が地球に降りてさたものと怖がったのです。
そこで、われわれは彼らを怖がらせないようにすべきだと感じました。
地球上では大ピラミッドとして知られている建造物の中には、航空の目的で宇宙船の道案内をする数メガワットの総電力を放射する発電機を据え付けました。
 このような建造物が原住民たちに強烈な心理的影響を与えたことに気づいて、何かもっと別の副次的な機能をもたせた方がよいような気がしたのです。
また、この頃各種族を安定させ、相互交流させる援助の目的で、各種族の進歩を調べる調査団を地球に派遣する必要が感じられました。
このことは、地球上の科学界で地球上各地に植物相や動物相の型の証拠が発見される理由ともなっています。
われわれは強力な宇宙船を前面におしだして、定期的に地球を訪問し、もっと文化を進歩させる必要を知り、ある種の形響を与えることが適切であると考えました。
これらの考慮がふたたびピラミッドの中に払われました。
243フィートの地面下にある地下室の直下に軸が沈めてあり、百万年以上古い最強力発電機群がそこに取り付けてあって、わが兄弟よ、今だに動作しているのです。
これらは2種頼の目的をもっています。
その一つは、地軸の北極と南極に対するぶれ角度を除去しなければならなかったことです。
第2の目的は氷河時代の不安定さからまだ十分に回復していない地球各地の気候をもっと適度に保つことです。
それからずっと後になって、地球の科学者がケオプス(Cheops)あるいはクフ(Khufu)として知っている者がその奇観に当惑して、元の形より少なくとも外観を変更すべきであると考えました。
数千人の原住民を労役に服させ、われわれの労作物の表面をもっと綺麗に仕上げるため、鈍鉄の厚板や樹皮を取付けました。
当時、頂上にある奇妙な金属が何であるかを知らないので、旅人が何マイルも遠くから見えるように磨いて光らせることに決めました。
これがつまり、ギリシャの作家たちをして、ピラミッドの建設者をケオプスと錯覚させたわけであります。
民衆の知らない間に、われわれの正規の乗員がその設備に配置されました。
王妃の室として知られている元の計画にあるものは、実は星間通信室なのでありました。
王の室として知られている場所には後で、地球上の人々にありがちな病気を治癒する工夫がされました。
われわれの仲間は当時牧師さんの姿をして、大衆から奇蹟と思われるような臨床実践をしました。
そして、この記念碑の基礎の下に隠された発電機の強力な動作によって、宇宙空間にエネルギーを放射し、多くの宇宙船をいつも誘導してくれています。
後になって、さらに8個のピラミッドが建設され、ナイル川の西岸に沿って63マイルにわたって都合9基がならんでいます。
 われわれのピラミッドの正確な寸法に関しては、つねに地球上の人々を当惑させてきました。
そこでわたくしは今、初期の設計に用いた寸法を皆さんに公開しましょう。
それは必ずしも現在の寸法と一致しません。
というのは、元の建造物に対する人民の変更やファロス(Pharos)の燈台***の改造によるものです。
 われわれの元の設計で基礎は一辺765フィートの正方形です。
高さは全体で486フィートです。入口は北側の基礎上正碓に54フィートの位置にあって、そこから北極星の光が地下室まで324フィートの廊下を通り抜けて永久に差し込むように造られています。
わが兄弟よ、これはあなた方の祖先の民族のだれもやれなかった高等技術です。
これはまた、地球の本当の磁北の方向を示すものです。
これを建設した理由は北極星を中心にもってきて、地軸の動揺を軽減するように工夫されたものであります。
 基礎面から243フィート下に、地球の科学者が永久に驚くような機械が据えてあります。
入口の通路は9平方フィートの断面積でありまして、そこから地下室を通って、さらに袋小路に終わる63フィートの通路が延びています。
ある目的で袋小路になっているのです。
なぜなら、さらに9フィート先に準エーテル発電機****があるからです。
 基礎面から72フィート上に1134平方フィートの床面積をもった王妃室があり、その王妃室のさらに9フィート上に現在の通信設備があるのです。
 王室の下9フィートに、かつて、より高度の機械類がありました。
その他、地球の科学者の間で知られていない場所が三ケ所あります。
わが兄弟たちよ、わたしが説明したすべての数字が9の倍数になっているのにお気づきでしょう。
その理由は9が磁気に関する数学の鍵となっているからです。
これを心の中に留めて下さい。
皆さんを歓迎します。

画像デーyyyyタ


訳者注*:アルデバラン星(Aldebaran)はおうし座の中で最も明るい星でオレンジ色に輝く1等星です。
PSIJ月報第45号(昭和54年9月)で説明したプレアデス星団はおうし座の肩の部分にあるのに対し、アルデバラン星は目の部分に位置しています。
また、地球からアルデバラン星までは約55光年といわれています。これに対し、プレアデスは前記月報でのべたように410光年離れていますから、同じおうし座でもかなりの距離があります。

訳者注**:原文ではHugeとrays間が空白になって脱落しています。
これはテープレコーダーにテンソル・ビームで送られてきた情報を録音し、それをエディさんが耳で聞いてタイプ打ちするわけですから、どうしても不明のスペルがあることは免れません。
訳者がこの部分にlaserと挿入した理由は「宇宙人との遭遇」(1980年徳間書店刊)の中で、プレアデス星人のセムジアーゼがスイスのメイヤーさんにレーザー銃を借りて使っている写真があるからです。
これは高いところの木を切ったりするのに用いるとのことですが、巨岩怪石を簡単に切断するのはレーザー光線以外にないからです。
しかも、raysと書いてありますから、金属のような刃物でないことは明らかです。


訳者注***:エジプト北部にあるファロス島の大燈台は世界の七不思議の一つとされています。
ただし、それは古代の七不思議であって、中世以後には姿を消しています。
247B.C.に没したエジプトのプトレミ2世の治世下にアレキサンドリア港の入口に建設されたことになっているが、高さ200フィートの塔は955年ころの地震で損壊し、14世紀の地震で完全に壊滅しました。
その形はピラミッドのような角錐ではなく円錐形になっていますから、ピラミッドを改造したとすれば、ずいぶん手を加えたことになりましょう。

訳者注****:これはsub - etheric generatorsを準エーテル発電機と訳したのです。
ここでいう準エーテル発電機も、前にあるただ発電機といっても、すべてEMAモーターのようなものと考えて、当たらずとも遠くないものでしょう。
EMAモーターについては、関英男著「アメリカ超常旅行」(工作舎刊)141ページに詳しく述べてあります。
このように宇宙エネルギーをエネルギー源として利用するのでなければ、何万年も運転できるわけはないのです。



【 訳 者 注 】
 さて、ピラミッドに関する研究はいろいろありますが、どんなに詳細な研究をしても、設計者の意図したデータ以上のものは得られないでしょう。
すでにPSIJ月報第42・43合併号(1979年7月)の3ページに「エジプトのピラミッドは地球人の作ではない」という報告をしておきました。
今度それか裏付けされたわけです。
また、ピラミッドの寸法については同月報37号(1979年1月)の4ページに黄金分割による方法を説明しました。
さらに、底辺正方形の周囲の長さと、高さを半径として描いた円周とを等しくするような設計法についても説明したことかあります。
今回の地域外文献54によりますと、9の倍数法というべき設計法でありまして、上記2方法のいずれにも一致しません。
黄金分割法とくらべてみますと約0.07%の差があり、等円周法との差は約0.21%でありまして、どちらかといえば黄金分割法に近く、上記2方法の中間にあります。
また、記事の内容に従って、大体の配置を図に示してみました。
 ただし、30度という角度だけは、訳者が勝手に挿入したものであって、原文のどこにも書いてありません。
これは、エジプトのカイロが北緯30度にあることから、北極星の光がつねに324フィートの廊下を通り抜けるためには、地平線と約30度傾いていなければならないと考えたためです。
また、準エーテル発電機の位置も、文章の上からはっきりしていませんが、適当に記入しました。
王室、王妃室、通信室および機械室の他にも秘密室が沢山あるようですが、この文献だけではよく分かりません。
 訳者の知るかぎり、ピラミッドの構造をもっとも詳細に分析したものは「カバラの真義」(霞ヶ関書房訳本昭和53年刊)の220ページと224ページに掲載された図面です。
しかし、この書物でも、紀元前28世紀にケオプスが建てたものとの推測を、王室の上の署名から下していまして、宇宙人の作とまでは述べてありません。
この書物に記してある寸法として、底辺756フィート8インチは、この場合より約9フィート短く、高さ482フィートは約6フィート低いのです。
しかし、今から約500年前までは白い石灰岩に包まれていましたが、それを剥がして別の建物の材料に使われたと書いてありますから、多分その分、元の設計データより小さくなっているわけでしょう。
ただし、50ページにもわたって大ピラミッドの記述をしている「カバラの真義」でさえも、花崗岩の巨石をどうして482フィートもの高さに持ち上げたかは謎だとしています。
 以上で、手持ちの地球外文献は全部ご紹介しましたので、第2段階をひとまず終わることとします。
これらの地球外文献がどれほど貴重なものであるかは、時間の経過とともに次第次第にお分かり下さるものと確信しております。(S)


pyramidicalhover.jpg





スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |

53.生と死    Monka:受信日時不詳

わが兄弟姉妹たちよ、この宇宙というものの中には数種の力が存在することに気づかなければなりません。
いろいろな属性、例えばいわゆる創造物の中に透過する光線のようなものがあります。
もし、われわれの目をその波長に合わせ得るならば、多種多様な色のあることがわかるし、われわれやすべての物質の周囲にあるエーテルというものを突進する多数の輻射エネルギーのビームにも気づくでしょう。
当然のことながら、これらのエネルギー・ビームには源泉があります。
われわれの限定された概念の範囲内ではこれを“無限”と呼んでいます。
われわれの側で、もしこの言葉の本当の意味をつかめたとしますと、この“無限”の中に“神の意識”なるものがあるのだということを悟るに違いありません。
これらのエネルギー・ビームは“思索”の白熱した場から放射し、すべての空間というものの中に発散して、すべての物質粒子に衝突し、それらの粒子に“振動”および“生命”の形態を分け与えます。
わが兄弟姉妹よ、生命の本質は“神の思索”なのですよ。
この思索がいろいろな形の物質に作用するとき、運動を生じ、その運動がまたいわゆる活動、つまり生気を作りだすのです。
原子は核を中心に運行を始め、分子は物質に新しい“神の表現形式”を実現するために、結合と再結合を繰り返します。
物質が宇宙の中に放散されている微妙な影響にもっと敏感になったとき、天賦の才が与えられ、間もなく“物質の感覚”として知られる属性となります。
 それから間もなく、われわれは物理的な物質の最高密度として知られているものを発見します。
それは鉱物でありまして、生命として知られているもののパルスとともに移動し、反応し,振動する新しく発見した活動でゆらいでいるのです。
これら鉱物の中に含まれる意識は興奮し、目覚め、そして思索自身は外に向って突進し、他の思索や、他の形式や、放射物と衝突します。
そして生命のない鉱物はゆっくりと自覚を獲得するのです。
生命は突如として新しい意味をもってきます。
そして、いわゆる進化の第一段階に達するのであります。
 生命のない鉱物でも思索を送れば自覚のある生命をもつようになります。
自覚の引金になる最初の思索はそれを何回も何回も送り、新しく発見された自覚の経験を味わうことであります。
だから鉱物というものも進化するのです。
 それは今や植物というものになります。
それからは蔓がでて植物が地下の経験をするため土の中にのびるだけでなく、上空から放射する素晴らしい放射線の経験をするために若芽を上の方にものばします。
そして、わが兄弟姉妹よ、より未開発の人からみれば、進化の奇蹟と呼んでもよいようなものを目撃しました。
なぜなら、今や生命のない鉱物ではなくて、生命のある植物を見ているからです。
生命のない鉱物のやれなかったことを成就できる運動と生命に関することを見ているからです。
また、それ自身を広げ、生長という過程を通り、より大きくなり、その下より養い、上より流れでて、それにエネルギーと生命を与える放射線につねに全体を露出していることを見ているからです。
 それですから、植物や進化を通して、意識の形は拡大し、生長します。
最初の頃、かれらは単に小さな苔や地衣の形にすぎませんでした。
かれらは草木を通って、灌木へ、それから高い木へと進化しました。
かれらは樹木と呼ばれるものになりました。
樹木、それは上へ上へと延び、つねに創造の自然法則に従って、つねに成長し、かれらの存在の源泉により近づこうと試みています。
それは腕を上に伸ばし、上からなおも流れてくる神の放射を受けようとしています。
 それから突如として、もう一つの変移が行われます。
なぜなら植物界として知られている進化の間に、一つの変移が行われるからです。
われわれは緑のものの成長において、その物質が発散されるのを見ます。
それは、ガスの結合として知られています。
しかし、皆さん、ガスはまた意識でもあることを想起して下さい。
 さてそこで、この植物界を離れて新しい環境に解放される意識の稀薄な形が、大気として知られています。
そして、今後は光の放射エネルギー自身によって駆動され、どんどん上へ広がり、分子つまりガスの粒子はより多くの推進力を受け、さらに大きな運動と自覚を受けるために外へ外へと広がります。
また、これらの粒子は神の意志に従って、宇宙空間を通って、その中で最も進化のできる媒質を横切り、やがてかれらの意識がある点に到達するため成長するのです。
すると、ガス分子がエーテルの中で雲になるのを発見します。
そして、これらの雲自身は既知の法則に従って他の属性に変り始め、かれらは今度は新しい物質の創造となります。
 わが兄弟姉妹よ、そして今一つの新経験をする準備としての意識自覚の点まで進化が到達したのです。
そしてそれ故に、啓蒙の神の源泉から強大なエネルギー放射がエーテルを通して到来し、質量とエネルギーとが再結合されます。
 そして、今やわれわれには生命ある物質として知られているものが与えられます。
それは、わが兄弟姉妹よ、新しい意識の始まりです。
それは“神の時間表”に従って、これら最新の振動から生れたばかりのものです。
“人類”ができたのです。
“人類”の自然の生息地である所の空間のビロードに抱かれた幼児です。
わが兄弟姉妹よ、なぜなら人類は陸上動物ではないのです。
人類はエーテルの動物です。
なぜなら、エーテルは人類の本質だからです。
人類はただ、大宇宙のかなたから、つねにかれを招き入れようとする生活をかれの意識が拒否するときのみ地上に存在するのです。
 そして今、兄弟よ、人類が拒否するゆえに、偉大な存在物は本来の思索の雲の中に形を示すのです。
この偉大なものはゆっくりと物質化します。
かれは純白の軟らかく垂れた衣装に身を包み、見るもまばゆい気高い姿になって遠くに現われます。
かれは手を振り、ゆっくりと、しかししっかりと歩き始めます。
かれは時間の廊下を通り、数百万の星で敷きつめられた街道を歩きます。
かれは空間を通り、時間を通ってかれの創造物を見るためにやってくるのです。
かれは、その本質が愛であり、思索であり、考察であり、大きな慈悲心である所の偉大な存在物です。
かれがその手を伸ばせば、一大平和が解放されます。
それはかれの指から流れでてきます。
それはかれの目から強烈な広がりをもって輝きます。
それはそれ自身を包み、神の存在を受けいれない迷える者たちを融和させます。
しかもこれらの力はけっして暴力や、怒りや、憎悪などの考えから発したものではありません。
これらは純粋の愛や最大の温情からでたものであります。
恐怖で心がおののいている者も、大きな愛と美の洪水を受けます。
真理というものを認めなかった者たちの真只中に新しい目覚めの暁がやってきます。
なぜならこの偉大な者は今や自身の表象を新しい創造につくり上げ、かれはこの新しい形の実体を宇宙の多くの場所にある全部の生息可能地域に分配します。
そして宇宙の意味に新しい言葉を導入しました。
それを支配者と呼びます。
そして支配者たちは大きな喜びと愛をもって、かれらの父の創造物に臨みます。
そして、かれらの実体そのものも直接出ていって、かれらの委託物や、子供や、自分の発展したものたちと通信し、地平線上に新しい曙が現われます。
 わたくしはとうとう死について説明しませんでした。
なぜなら、わが兄弟姉妹よ、すべての真理の中に死はないのです。
ただ、つねに上に向って次第に螺旋状に登ってゆく意識だけがあるのです。
それは広げた腕と心で源泉の実体と相互作用をするのです。
 わが兄弟姉妹よ、わたくしはこの問題について皆さんの存在にふれ、大きな愛と大きな感覚をもって新しい理解を齎らしたと思ってお話しました。
今や離れてゆき、あなた方の実体から去ってゆきます。

【訳者注】この文の表題「生と死」は訳者が勝手につけたものではありません。
多分Monkaさん自身が冒頭にのべたものでしょう。
しかし、現世の議論とあまりにもかけ離れているので、始めての方には何のことかお分かりにならないでしょう。
とくにサイ科学の知識と天地創造が創造主によってなされたと仮定しないと、辻褄が合わないでしょう。
その上、「生と死」と題しておきながら、死についてほとんど語らないのみか、そんなものはない、と否定するにいたっては人の意表をつくものといわなければなりません。
また、訳は原文に忠実でありたいと心がけたため、少しくどいようでしたが、兄弟姉妹よ、との呼びかけは省略しませんでした。
金星人はすべての惑星上の人類が、ただお一方の創造主からわかれたものと考えておりますので、男性に対してはブラザー、女性に対してはシスターと呼ぶ習慣です。(S)


1234321.jpg

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。