地球外文献

Professor エディ・T.・渡邉Director of Cosmic Brotherhood Center and Universe Research Academy宛に1957年から1962年に金星の権威者から送られてきた文献を紹介する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

12.自己発見         著者不明:1959・6・2

 すべての皆さん方は聖なる真理とその理解に大きな関心を示しました。
あなた方を援助することに関心のあるわれわれとしては、あなた方が考えている以上にあなた方のためを考えています。
もし皆さんがあなた方の感知力を研ぎ澄ます意志をもっているならば、われわれは皆さんにとって従来より一層価値の大きいものでありましょう。
すべての物事を感知するように努めなさい。とくに奥深く内部のどこからともなく刺激してくる内部感覚を感知しなさい。
なぜなら、これらはあなた方の経験の中で大切なものだからです。
これら内部からくる大きな刺激は理解の道程であなた方を指導するものです。
すべてのあなた方の経験を知覚しなさい。
そして、そこから知識、知恵および理解を引き出しなさい。
皆さんめいめいの内部には偉大な宇宙の知識や、すべての知識やすべての知恵の宝庫を開発する能力を秘めています。
それはあなた方自身が使うためのものです。
それは神より与えられたあなた方の特権です。
それを請求するのはあなた方の責任なのです( It is up to you to claim it!)わが親愛なる友よ、あなた方は自身の中に宇宙の威力を内包しているのです。
あなた方はただそれを請求するだけでよいのです。
創造との親子関係、創造主との親子関係を主張するだけでよいのです。
なぜなら、かれ自身の存在を感得するに至らないような人はそれを受けられないからです。


bower[1]
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13.未来への関心        Anthon:1961・12・8 | HOME | 11.天佑       Hatton:1960・7・25>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。