地球外文献

Professor エディ・T.・渡邉Director of Cosmic Brotherhood Center and Universe Research Academy宛に1957年から1962年に金星の権威者から送られてきた文献を紹介する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20.調和関係(At oneness)  Naketi:1960・12・13

わが愛する者よ、わたくしはあなた方に平和と愛があるように祝福します。
ここでいう愛とはあなた方の知っている愛とちがって、あなた方の理解し難い意味の言葉であります。
私はNaketiと申します。
わたくしは、あなた方の所から非常に遠い、数1000光年のかなたからやってきた者です。
われわれの所では、民衆をNaketiの息子たちと呼んでいます。
私は、この惑星系の条件を研究するためと、奉仕することを探すためにやってきました。
われわれの生活様式はシャン(Shan)の人々の理解し難いものでしょう。
われわれは調和関係を理解します。
われわれは創造主とわれわれの同僚との関係を理解します。
われわれには個性や個人的知能を持ち合わせていますけれども、本当に調和関係の中で生活しています。
しかも、自分はかれであり、かれが自分であるというように、われわれの存在を調和関係の中に混在せしめることができるのです。

シャンのわが友よ、そのような意識の混在を考えることができますか? 
このタイブの混在によって、あなたの同僚の完全な理解をすることができます。

〔訳者注:シャンというのは宇宙語で「悲しい者」という意味である。宇宙人同志では互いにこの言葉を使って地球人のことを話しあっているが、地球人に向ってシャンと呼ぶのは珍しいことである。多分Naet‡さんは太陽系以外からきたため、自然にこの語がでたものと思う。つまり、この太陽系でも地球人だけが文化の遅れのため、 宇宙人の仲間に入れず、気の毒な人々というつもりで、シャンという別名をつけたものである。〕


  Cross in the Sky


スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<21.人間の神性      BR : 1961・10・5 | HOME | 19.探究の果て  特報:1961・9・28>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。