地球外文献

Professor エディ・T.・渡邉Director of Cosmic Brotherhood Center and Universe Research Academy宛に1957年から1962年に金星の権威者から送られてきた文献を紹介する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

3.双太陽系(A Binary Sun System)     (1961年6月30日) by Yaum

友よ、あなたがたは確定的に一惑星として、一太陽系として一新時代に突入しており、いわば全太陽系を変化させるような、この転移期間に多くの事件が発生するでしょう。
この情報はあなた方何人かの自動書記で入手し、ご自分で読まれるでしょうからわたくしはただ簡単にふれるにとどめましょう。
しかし、あなた方の転移の終末の日に、もう一つの太陽があなた方の系に割込み、それが事実上あなた方の惑星と他の星の位置をずらすような新しい力とエネルギーを作用させ、いわゆる双太陽系を出現させるでしょう。
いいかえると、あなた方の系は二つの太陽をもつことになります。
惑星を一定の相対位置に維持してきた正負の力が変化するのですから、太陽がエネルギーを放射し、二つの太陽を系の中に持込めば、友よ、すべての物事が変化することが分かるでしょう。
ですから、ある種の力が作用して惑星の位置を移動させ、太陽の周囲に新しい位置をとることになります。
現在の太陽もまた、空間のある座標を規準にすれば、内外あるいは上下に移動するわけです。
われわれは何か規準点を選ぶ必要があると思います。
さもなければ、これらの事件を表現する術語を考えなければなりません。
しかし、友よ、一口に言ってこれはまさに起こらんとしている事件です。
もう一つの太陽がいまわれわれの系に向って近づいているのです。
そして、適当な時期がくれば、地球上の天文学も観測できることになりましょう。
さりながら、天文学者の何人かはこの事件あるいは新太陽を知っているものとわたくしは信じます。
けれどもかれらのある者はこれが太陽であるかどうか疑うとしても、どんな事件が起こるかをほとんど知らないので、多くを語りたくないのだと思います。
ではこれまで。

【訳者注】 このようなことはわれわれ地球人の常識では考えられないため、あまり信用されない方も多いのではないかと想像します。
しかし、いろいろな情報を総合すると、10数年以内に発生するもののようです。
現に上の記事の冒頭につぎのような表題があり、その下にこのような短文がまだ沢山あります。
VERY LITTLE TIME LEFT TO MAKE THE TRANSITION ENMASSE INTO THE NEW AGE
 一方、鎌倉の福井さんという方から大変よい資料を頂戴しました。
それは城戸縁信という方が神様から自動書紀を通して得られた情報です。
その中にも近く地球に一大天譴(てんけん=天罰)がある旨記されています。
そのとき救われるためには洗心以外にない。
その内容として「強く正しく明るく、我を祈り、よろしからぬ欲を捨て、皆仲良く相和して、感謝の生活をなせ」という常の心と、「憎しみ、嫉み、猜み(そねみ)、羨み、呪い、怒り、不平、不満、疑い、迷い、心配、咎めの心、いらいらする心、せかせかする心を起してはならぬ」という御法度の心とを示されています。
訳者は必ずしも在来の宗教をここにもちだすつもりではありません。
また読者を倫理・道徳の枠にはめる意図でもありません。
サイ科学の立場からみれば、人の心もまた天文現象に大きな関孫をもつ巌然たる証左とみるのです。
肉体だけが人間でないと同様、岩石だけが天体ではないからです。
くどいようですが、双太陽系の記事は、1961年に送られてきたもので、その後これに関する変更のニュースはありません。
一方、上記の自動書記は1979年1月11日に受け取られたものです。
読者はこの後でご紹介する地球外知能の文献をお読み下さらないと想像つかないでしょうが、地球外知能の天体観測は普通の可視光線や電波望遠鏡の他に、ごく高度のオーラメーターを使っているものとみえます。そして、地球上10の10乗人に近い人類のだすオーラの性質が太陽系惑星相互間のバランスに影響すると信じていることでしょう。
これがサイ科学的天文学です。


aqswedrf.jpg
 
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<4.核実験              (Nuclear Experimentation)   by Monka | HOME | 2.火星上の放送局(Broadcasting Station on Mars) by Soltec>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。