地球外文献

Professor エディ・T.・渡邉Director of Cosmic Brotherhood Center and Universe Research Academy宛に1957年から1962年に金星の権威者から送られてきた文献を紹介する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

34.人間の力は無限にのびる    著者不明:1961・8・1

 人間は問もなくかれの本領を発揮し、かれ本来のより偉大な概念に達し、なぜかれが存在するかの概念を示すようになるに違いありません。
あなた方もよくご承知のように、人間は経験によってのみ生長します。
そしてもし、人間が生長し、発展するものならば、第一にかれの意識が広がらなければなりません。
それは、人間が何であり、だれであるかというより大きな意識まで広がらなければなりません。
人間は次第に創造物の意識まで成長し、次第に当然かれが創造者であるとの実感まで到達しなければなりません。
かれはかれ自身の中にあり、創造する心の力の実感まで持たなければなりません。
なぜなら、愛する者よ、あなたが現在ある立場を創造するのですが、現在の意識の中に実感していないからです。
人間はかれの意識をどんどんどんどん向上させ、より偉大な実感まで拡張させなければなりません。
 あなた方の文明においては、多くの誤った思想が教えられています。
人間はある限界をもって創造され、人間はかれらを制御できないと教えられてきました。
しかし、わが友よ、わたくしがあなた方に限界がないというときには、わたくしを信じて下さい。
あなた方自身が自分に枠をはめることがただ一つの限界です。
 人間は創造物の中の力、あるいはあなた方が神と名づけるものの存在を信用することを学ばなければなりません。
地球人は神とよぶこの本質の概念をほとんどもっておりません。
われわれはこの言葉をよいとは思いません。
しかし、あなた方のつけた名前は大して重要ではありませんから、それはあまり重大なことではありません。
しかし、実際にこれは宇宙を透過し、銀河系を透過する偉大な力です。
人間の概念とこの力は創造物のすべてにわたって各個のものに広がります。
人間は、あなた方が神とよぶこの偉大な力の延長線上のものにすぎません。
あなた方はこれの一部分です。
そして、この偉大な知能はすべての男女や子供に作用します。
人間はそれにかれの身体を支配させることを学ばなければなりません。
また、それを表面に押し出して、よいこととして表現させること、およびこの偉大な力はかれを通して作用するという実感に到達しなければなりません。
それは、すべての創造物を通しても同様に作用します。
それは人を差別待遇するものではありません。それは賞したり罰したりはしません。
 この偉大な宇宙力は法則によってのみ作用します。
そして人間は法則によって作用することもあり、かれは法則によって作用しないこともあるでしょう。
ただ法則の反作用を通してのみ人間は賞をうけたり、罰をうけたりします。
もし人間がこの惑星で進歩を望むならば、この時にこれらの実感をもつことが非常に必要であります。
なぜなら、人間はかれ自身の努力、かれ自身の経験によってのみ成長できるからです。
もし、かれがこれらの経験によってのみ成長しようとするならば、一つ一つの経験はより偉大な理解への踏み台となるからです。
一つ一つの経験があなた方にその通りのことをもたらすものだとの教訓を学ぶように心がけて、これらを積極的に観察しなさい。

LavaLake.jpg
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<35.真理と理解の不可分性 Oxal : 1959・11・9 | HOME | 33.自己発見なしの科学知識はあり得ない   Yaum:1961・11・9>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。