地球外文献

Professor エディ・T.・渡邉Director of Cosmic Brotherhood Center and Universe Research Academy宛に1957年から1962年に金星の権威者から送られてきた文献を紹介する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

45.新訳および旧訳聖書の解釈  Yaum : 1962・1・16

人類はつねにかれの進路を選ぶ権利をもっているものである。あなた方のバイブル史に書かれた予言を通読し、それらを現代語で解釈しようとするのはあなた方にとって非常によいことだと思います。そこに書いてある予言をすべて読みなさい。熟読して、現代語で解釈して下さい。これらの予言は昔の予言者によるものであり、当時としては最も適当な言葉で発表されたものであることを認識すべきでありま
す。しかし、あなた方が少しく考え、少しく瞑想しさえすれば、きっと現代の条件に適用するように意味を理解できるでしょう。しかし、予言というものはすべて条件つきであることも考えて下さい。旧約聖書の予言と同様に、新約聖書の方も読んで下さい。両方を読むことです。なぜなら、旧約の予言は、後年の聖書と同様に人々に本当の予言を示しました。しかし、あなた方に理解できる現代語で解釈するように努めて下さい。
 また、だれも正確な日時を知らされていない、とよく言われています。そして、わが友よ、その通りです。なぜなら、これらのことは人類に知らされていないのです。この物理的な世界、すなわちこの惑星に住む人間はだれも時間を知らされていません。そして、日時と事件はそれに関する人類の行動にかかわっていることを、わたくしは、自分の胸の中で知っています。

9.jpg


スポンサーサイト

テーマ:Japanese Art and Culture - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<46.地球終末の災厄は避けられるものか?   Oxal : 1962・10・19 | HOME | 44.地球人は間もなく宇宙船で他の惑星へ  Oxal : 1960・9・29>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。