地球外文献

Professor エディ・T.・渡邉Director of Cosmic Brotherhood Center and Universe Research Academy宛に1957年から1962年に金星の権威者から送られてきた文献を紹介する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

50.転移後における地球上の様相    Oxal : 1960・6・2

時移り、周期が回り、惑星としての地球はその衛星とともに宇宙空間の中の新しい波動、そして新しい位置に移行しなければなりません。
太陽の大きな変化、すなわち滅多に起こらないような変化の周期があなた方の系で行われようとしています。
以前にものべたように、この時期にあなた方の系にやってきたのは、この変化中に援助するのが目的です。
 惑星地球の進化が遅れているために、この変化は一そう困難なものでしょう。
精神的理解が衰退していますので、地球にとって変化はより困難でありますが、太陽系の中で進歩した、そして事情を理解している他の惑星にとっては何の困難もなく、われわれと同様に、ただ地球とその住民たちのために可能なかぎり容易にしてあげようということに関心があります。
 地球上の人口のわずかのパーセンテージの人しか隣人愛、正義、理解、平和の新時代に移行できないのが残念です。
なぜなら、転移が終われば、惑星地球はもはや前と同じではないからです。
ご承知の通り、生命は存在せず、むしろ愛と理解の雰囲気が存在するでしょう。
人類はその同胞を理解し、知悉すべきです。
人類は全体のために生活すべきです。
人類の努力はこの方向にむけられるでしょう。
人々は互いに他を滅ぼすようなことはもうなくなるでしょう。
正義の新時代はひろがり、太陽系はすべて変わって新しい様相を呈するでしょう。

Dream Place





スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<51.文化大躍進を自前にして   DR : 1961・11・3 | HOME | 49.要するに各自の自覚が先決    Hatton : 1959・9・4>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。