地球外文献

Professor エディ・T.・渡邉Director of Cosmic Brotherhood Center and Universe Research Academy宛に1957年から1962年に金星の権威者から送られてきた文献を紹介する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

6、宇宙波動             (Universal Vibrations) by Monka and Esu

 わたくしはかつて地球上で知られているある形式の音楽は、わたくしの言葉を伴っているとほのめかしたことがあります。

 宇宙(cosmos)全体にわたって、われわれが神の想念として承知している力あるいは推進力があります。
この想念はすべての既知の宇宙(universe)およびすべての波動レベルに浸透します。
この想念はすべての空間と時間の到達範囲に広がります。それは光として知られるものの中に実体をもっています。
それは既知のすべてのもの、届くかぎりまでエーテル体の指先(あるいは指の長さ)とともに突進します。
それはすべての物質として知られているものの細孔を通して間断なく拡大する円の中に広がってゆきます。
それは全能です。それは栄光と尊厳です。それはすべてのものの本質です。
それは真理であり、光明であり、知恵であり、理解であります。それは愛です。それは実在します。

 すべてのものは、エネルギー・物質および想念より成り立っています。
それは創造主とともに根源として知られている所の三つの表現であり、波動、あるいはもっと通俗に周波数として知られている参照平面の上に存在します。
これを追究する場合にこれら各種の平面を調べてみましょう。

 まず、想念の平面を調べましょう。第1にわれわれは無限に微細なものを試してみます。
透明で水晶のようなものを試してみます。
最も鋭い網の刃よりもっと鋭い、もっと切れ味のよいものを試してみます。
それは宇宙の中を潮の干満のように脈打ち、外側に前方に拡大する力で、星雲物質のようなものであります。

 わたくしはつぎの意味で物質といいます。
それは非常に敏感であるから、敏感な性質のものだけが想念として知られるこのものから情報、知能および知恵を理解し受け取ることができます。
これらのものから低級な形式の波動の意味が明白となります。

 われわれはエーテルという、われわれは星雲状という、われわれは霞ともというが、想念は事実上これらのどれでもありません。
それは極めて精密なものです。わたくしはあなたがたの意識にこの言葉を入れるのをためらい、それらの本当のレベルを模索しています。
わたくしの話すこれらの問題を考えるべく探している間に、何度も何度もためらいました。
想念は実に、参照平面に進出するすべての表現の先駆者です。
それは地球の人々の間に知られていませんが、しかし、この時点で時間も含まれているのです。

 時間、テンポ、脈打ち等は波動そのものです。
ここに形式の特性、運動の特性、本質の特性を見ます。
物質の中心部では、時間の次元で存在する最小の原子の小さな振動として脈打ちか潜在しています。
時間は現象の発生から終結までの期間です。
多分わたくしは地球の皆さんに特有の概念で想念をのべますけれども、しかし、わたくしが時間の測度を語る場合には、神から放射が発生すると同時に、歩調と律動が開始されると考えます。
時間はあなたがたの方に間断なく流れるばかりでなく、宇宙いたる所の物質にも流れ、大きな光とともに広がり、成長し、塵のように小さい粒も問題にせず、到達し、浸透し、脈打って突進します。

 すべての創造を通じて、宇宙は心臓鼓動と協同し、それに同調します。
心臓鼓動はサイクルというものをつくる測られた脈動です。
また、サイクルはそれ自身の中で回転する周期でありながら、しかも同時に前進し、あるいは好きな言葉でいえば、上昇し、つねに高きにつき、より漠然となるように生長し、客観性や同一性のようなものを失い、充実した感覚で、実体と調和しながら、宇宙パルスともっともっと同調します。
あなたは反応できませんか?
 あなたは進んで、時間というものに接触できませんか?
あなたの客観的な心と違った感覚でそれを感ずることができませんか?
 時間……時間、あなたという存在にこれを吸収して頂いたならば、われわれは新しい条件、新しい形式、新しい概念を創造したことになります。

 さて、今度は別の参照平面つまり、別の形式の波動を調べることにしましょう。
ここで注意を払う価値のある何かを注目しましょう。
わが兄弟よ、われわれが接触できて、身近なもの、そしてありふれた形のあるものに注目しましょう。
それは物質的あるいは密集性というものとはわずかにずれた平面上にある材料や物体として知られている所のものに移ることになります。
想念および光として知られた形式から、われわれは尺度を落とし、それ以下のものをすべて圧倒してしまうような波動を見いだします。
われわれはオクターブがわずか低く、効果がわずか小さい最初の波動または周波数で抽出された想念を見いだします.
 このようにして、エーテル的として知られるものの中にそれ自身を明示しはじめた想念の目的を見いだします。
そうです、これが物質です。精密で注目に値する性質の物質です。
なぜなら、ここにわれわれは、この想念を他の物体に通信し、明確、強度および表現形式をそれに与える崇高な目的でこの平面に住む存在の、ある生命形式ならびにある意識の実在を見いだすからです。

 ここにわれわれはかれらを取り巻く存在を光として知られているものの中に見いだします。
しかし、その主要な通信は光として知られている波動の中に移行して行われます。
あなた方の世界で大作曲家として知られている人々のような、熟練技能で静かに操作する所の光は音の波動に作用しました。
ここで、われわれは、光が変動し他の形の物体を変調することを見いだします。
ここにわれわれは、最も鈍感な意識の中にさえも、特性的一様性をもって浸透しはじめる所の、参照として知られているものを見いだします。

 想念の形で自分達を表現した宇宙力群は光の波動の中に自分達を包み、存在の条件を確立しつつ、次の波動を抱きこむために前方に伸びます。
これは、わが兄弟柿妹よ、ここから偉大な霊感が到来し、強大な影響が感じられ、物理的物質あるいは物体として知られる形の生命に波動を与える所のものです。
死すべき者(人)に属する心として知られているものの中の意識に濾過器があって、そこに富、温かさ、および光を見いだします。
人間の心、それは無限の愛と理解と美を相続いて創造し、偉大さと高尚さをもたらします。
人間の心は、上からきたり、周囲の平面からきたり、偉大な者からきたりするすべての様式の波動を経験します。
ここで偉大な者とは奉仕を自ら志願し、切りたった断崖から参照平面に降下し、真理や大理想や大きな教訓等の偉大な贈り物を表現した者です。

 この形の物質の進化を通して、われわれは反作用の存在を見いだします。
また、極端から極端までの全領域の感覚を経験し、その上つねに平衡形式・静止形式を得るように探し求める人間の心を見いだします。
その形式の中で間断なく崇高な平面から降下してきた想念をさらに多く受け、それらを理解しようとします。
本当に、わが兄弟よ、すべての惑星上の人間は大きな発生を感じました。大きな真理を経験しました。
かれらの存在物をわれらの原始の神の想念よりもっと光輝ある表現に作りあげ、調和するような霊感を得ました。

 波動にかれ(存在)の出現を加え、有限でなく無限ならしめるために、偉大で強力な存在が漂い、物質化したのが、あなたがたの惑星の進化の初期段階でありました。
この機会に大きな力が発揮され、偉大な存在がきました。
すべての物質の原子そのものや分子さえもかれらの軌道の中で身震いしました。
すべての物体はこの新しい広がったものに対する恐怖で応答しました。
岩石や鉱物や植物や空気そのものさえも、偉大な存在が地球というものに偉大な真理をもたらすために降りてきたので、新しい呼吸で脈打ち、新しい波動を吸いこみ、より大きな感覚と偉大な存在とを経験しました。
偉大な真理は地球の人々のためのものでありました。
偉大な教訓が提出されました。
偉大な詫宣がこの頃告げられました。
大きな熱望が感じられました。
人類はそのほのかな自覚の中に突然新しい感動を認識するようになりました。
生命のより大きな喜びがかれの体内に湧き起こりました。
一層高尚な使命がきこえてきました。
それは、宇宙に関し神の無限を物語るものでした。あなた方の惑星を吹きあらして、この偉大な師の後を追う風さえも託宣を運び、波動をもたらし、人間の胸に新しい開始、新しい目的、新しい目標を感じさせました。
さらに、ずっと以前に、人類は信用しないわけにゆかないような接触を経験しました。
地球として知られるものの周囲にきこえてきたかれの託宣は、そこの存在にとって大きな目的をもつものでした。
かれは語るべきことが沢山ありました。
かれの音は謙遜で、誠実で、非常に高貴なものでした。
かれは偉大な真理をつぎのように語りました。
「われは太陽である。われは道であり光である。われはすべての人々にとって道である。」

 人類はこのものの託宣を何世紀にもわたって繰り返し繰り返しききました。
行動はかれの言葉とともにあります。
わが兄弟姉妹よ、実行はかれの言葉に従っています。
わたくしMonkaはあなた方にある種の想念を説明する特権を与えられました。
よくいわれるように、あなたがたは見るべき目をもち、語るべき声をもち、きくべき耳をもっています。
その他あなた方は、友人とわかちあう愛をおもちではないでしょうか。
兄弟よ、あなた方の心と胸襟を開きなさい。人と交わる場合、とくに相手の子供っぽいことを口にしないのはもちろんですが、無知による愚かさをあざけってはなりません。
兄弟よ、曲がりくねった道でも、光はつねにあなたを照らしてくれるから、それについて行きなさい。
あなたの目を開きなさい。
あなたの人格を拡大し、開いた心で朝の空であいさつする太陽すら抱きこみなさい。
もし、あなたが両足で立ってあなたの尊厳を表したいだけならば、もし、あなたが生存の能力と意図を実現したいだけならば、もし、自分に内在するものを与え、あなたが一部であるすべての形の創造物に与えたいだけならば、あなたの生命は新しい意味をもち、あなたの経験は豊富になり、温情と理解でみち溢れ、あなたの争いは止み、闘争は終わり、本当に平和はあなたのものとなりましょう。
わが兄弟よ、あなた方の惑星にすべりこみ、あなた方の行為を目撃し、われわれの思想をあなた方に伝え、あなた方と同じ経験をするわれわれは、ある熱望、ある同情がまだわれわれの胸の中にあり、われわれ同様の光があなた方の中にあるという認識が宿っているのを見いだします。
それは包まれ、囲まれてはいません。
それが発光し、広がるためには、ただ燃えさからせる扇が必要なだけです。

 地球の皆さん、われわれはわれわれの想念を分配したいと思います。
われわれは待ち、経験し、あなた方の混乱を目撃しました。
われわれはあなた方が表明することを認めました。
われわれは愛と理解を提供しました。
われわれはただあなた方のものである熟した果実を食べることを望むだけです。
あなた方自身でやりなさい。偉大で、善良で、正しいものを受け取るよう心を開きなさい。
あなた方の生命がご自分のものである大愛、を表明して下さい。
 

以上、わたくしMonkaがお話しました。

「われわれの輝く光があなた方とともにありますように」

「かれの超常力があなた方のものでありますように」

                     hgfds.jpg

スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<7.The Green Emerald      by Monka | HOME | 5.磁気学         (Magnetics)        by Belarian >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。