地球外文献

Professor エディ・T.・渡邉Director of Cosmic Brotherhood Center and Universe Research Academy宛に1957年から1962年に金星の権威者から送られてきた文献を紹介する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

8.新時代を悟る必要性 Mr.X:1958・1・18

わたくしどもがあなたがたの天体に今やって来ている目的は、あなたがたの大衆の間に新しい悟りを開いて頂こうとしていることです。
これは現代の常識をはるかに超越した新しい真理、新しい理解をもって頂こうとしているのです。
つまり、あなた方の太陽系が宇宙空間の中で新しい周期に入り、新しい領域に突入しつつあることを、現代のあなた方は悟らなければならないという必要に迫られているのです。
いわば第4次元とでもいうべき、より高次の振動に移行しなければなりません。
あなた方地球人が新時代に突入するためには、あなた方の精神的自覚を向上すべきであります。
なぜかと申しますと、在来大多数の地球人がもっていた程度の精神的自覚では生存不可能となるからです。

solar2 1024x768
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<9.転世輪廻の目的 BK:1959・6・22 | HOME | 7.The Green Emerald      by Monka>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。